為替相場 今日の展望_20240522_水曜日

ブログ

関東北部は曇り。肌寒い朝です。

最近忙しさを増して、朝の楽しい相場分析も時間を取れなくなってきました。

通貨ペアを減らして、USDJPY,EURUSD,GBPUSD,XAUUSD と4通貨ペアにしようと思います。

また暇になったら増やそうかな。

それではすたーてぃ~ん♪

用語について
文中に独自の表現があるので説明しておきます。
サポートライン、レジスタンスラインについては水平とトレンドで見分けがつかないので、水平の場合は普通にサポートライン、レジスタンスラインとし、トレンドラインの場合はトレンドサポート、トレンドレジスタンスと上昇サポートラインとか下落レジスタンスラインといった感じで傾斜のラインである事が伝わるように表現します。
また、Dバー(ダイヤモンドバー、アウトサイドとインサイドの連続出現)、Wバー(2連続のインサイドバー)、上昇ボックス、下落ボックス(三尊を検知して上昇幅、下落幅を予測するサイン)
2023half-year : 0.66578 年初(open-year)と半期の価格を表したライン。
※これらはコウスケさんのBrightness Systemというツールのサインです。
用語は気づいたら随時追加します。

経済指標カレンダー
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー

USDJPY

日足チャート(D1)

GW中に何度か介入があったものの、一定の買い圧あり。介入少し前のレベルには戻っているがやはり警戒もあってか上値は重い。

4時間足チャート(H4)

介入後に形成した上昇ボックスを埋め切ってからは波を打ちながら上下。その波もスクイーズしてきている。200MAの上昇傾斜もなだらかに。

1時間足チャート(H1)

介入で一番下がった時点からの上昇も、横ばいになってきた。

USDJPY所感

介入の影響は大きく荒れていたが、落ち着きを取り戻した感はある。しかしまだ触れるだけの材料はない。

EURUSD

日足チャート(D1)

下落レジスタンスラインと200MAの交差付近を上抜けて、上昇ボックスタッチしたがはじき出されて先週末は長めの下髭だして短い陽線。昨日は上下髭のコマ足。

4時間足チャート(H4)

下落レジスタンスラインを上抜けてから上昇ボックスを一気に埋め切り。3本陰線出したあとDバー形成して絡み。横横。

1時間足チャート(H1)

上昇ボックスを一気に埋めて、大きいWバー作って上抜けたが押して再度着地。上昇ボックス出現して、現在ボックス下を推移しながら少し下げて再々度Wバー絡み。

EURUSD所感

強い抵抗となっていた下落レジスタンスラインを上抜けて綺麗に上げたが、現在はレンジ。D1を俯瞰すると上値はまだ切り上げていない。緩い下落の200MAに絡んで推移していて方向感なし。昨日と変わらず。

GBPUSD

日足チャート(D1)

ペナント形成。半期ラインも集中しており無難な価格帯。ほぼ中心の200MA上抜けてからは上昇圧力強く上昇ボックスタッチ。その上にペナントのアッパーラインである下落レジスタンス。半期ラインも4本集中。上昇ボックス下で推移。

4時間足チャート(H4)

ペナントの中心価格帯から上抜けて上昇ボックスを埋め切ったあとは調整中。買い圧も弱まってきた感。Dバー作って横横。

1時間足チャート(H1)

上昇トレンドの一服中。 2019 half-year : 1.26951、2023 half-year : 1.26864 を絡めてDバーWバーを形成して絡み。横横。

GBPUSD所感

2019 half-year : 1.26951、2023 half-year : 1.26864 ラインをD1の2本前で上抜けたが、もたついている。上抜け確定するなら小さい上昇ボックス埋め切ればおおよそD1で引いたペナントのアッパーラインに届く。この分厚い壁を上抜けるなら次は 7/14の1.31423とかも狙えるかも。今のところはまったく勢いがない。

XAUUSD

日足チャート(D1)

強い上昇トレンドでの調整中から 4/12の高値 2431.45 を一昨日上抜けたが、長めの上髭つけて押され、高値圏で推移。昨日は少し下げて陰線。

4時間足チャート(H4)

4/12の高値 2431.45の後出現した上昇ボックスを上抜けて、再び上昇トレンド入り。直近下げているが押し目か。

1時間足チャート(H1)

上値を切り下げている。買い圧は弱まった感。

XAUUSD所感

強い上昇トレンドからの調整中であったが4/12の高値 2431.45 上抜けて再び上昇トレンド入り。まだ買い圧はありそうだが、H1を見ると上値切り下げでスクイーズしてきているので要警戒。様子見。

コメント

タイトルとURLをコピーしました